きものtotonoeが評価される理由とは?

着物と言えば、日本が誇る伝統工芸の1つでもあります。

昭和の時代、着物を普段着として着用していた女性も多く、式典の礼装は必ず着物という時代でもありました。お嫁入り道具として、喪服、留袖、色無地は最低限揃えるもので、他には帯、小物一式などをタンスに詰めたものです。

お嫁入り道具がトラック何台なのかというのを競う風習のようなものもあって、今の人には考えられないことですよね。

格式のある高価な着物はお手入れが難しく、簡単に洗うことはできません。

昔の着物の代表的な汚れを落とす方法は、「洗い張り」というのが中心でした。

「洗い張り」は、着物の糸をほどき反物の状態に戻し、水洗いをする方法です。

大昔からの伝統的な洗濯方法で、一般の家庭でもよく行われ、年に何度か「洗い張り」をしてリメイクしたりしていました。

昨今日本ブームも手伝って、若い女性が着物を着る機会が増えています。

成人式や大学の卒業式に着物を着る為、レンタル予約を一年以上も前からしている人も少なくありません。

中には一生に一度だからと、着物一式を購入するのも珍しくありません。

レンタルの場合は、着物のお手入れなどは一切しなくてもいいですが、購入した場合、どうしてもシミや汚れを落とす必要があります。

先に述べたように、着物のお手入れは簡単ではなく、高価な着物ほど扱いが大変です。

そんな時、着物をクリーニングしてくれる所があれば助かりますね。

今の時代は着物を丸洗いしてくれるお店が結構あって、リーズナブルな価格設定もされているようです。今回は、着物のクリーニングについて調べてみましょう。

そもそも着物のクリーニングはどうやるの?

着物の洗い方には、「洗い張り」と「丸洗い」があって、「洗い張り」は先に説明したように、着物をほどいて洗う方法です。

手順を説明すると、まず着物の縫い目を解き反物に戻します。次に水と洗剤で洗い、糊付けをして乾かします。それをまた着物に仕立て直します。

この作業を家庭で行っていたことも驚きですが、随分手間が掛かっていますね。

現在着物のクリーニングというのは、「丸洗い」のことを指すようです。

着物を頻繁に着る時代ではなくても、着物が見直されているということもあり、着る機会も増えています。披露宴に招かれた時には食事は付きものですから、気を付けていても汚してしまうこともあるでしょう。直ぐに対処もできないですから、シミになってしまうのは仕方ありません。

着物は洋服と違って、勝手な判断で処置をすると汚れが生地にしみ込んでしまうことがあります。そういうことから、着物のクリーニングがメジャーになってきたのでしょう。それでは、着物のクリーニングとはどのようなものなのでしょうか?

そしてどこに持っていけばクリーニングして貰えるのでしょうか?

大事な着物ですから、綺麗な状態に戻したいですよね。

着物のクリーニングを受け付けているのは、一般のクリーニング店、呉服店、着物クリーニング専門店があります。

この中でおすすめは、やはり着物クリーニング専門店でしょう。

着物クリーニング専門店では、ドライクリーニングの技術を応用して「丸洗い」をします。溶剤を用いて洗っていく工程で、部分的な汚れなどを落とすには適しています。

「洗い張り」よりはずっとリーズナブルなお値段で仕上がります。

それではどのような方法で洗っていくのか工程を調べてみましょう。

1. 洗う前の検品

シミや汚れの状態を確認し、ほつれや破れがないかを調べます。

2. 下洗い

熟練の職人が、襟、袖口、裾などを専用のブラシで手洗いしていきます。着物の種類によって、ブラシの力加減を変えたりして慎重に進めていきます。

汗や埃なども付いている可能性がありますから、手洗いできる箇所は全て行います。

また金箔や色などが落ちてしまわないかというテストもします。

3. ドライクリーニング

1点ずつネットに入れて、着物専用の溶剤と機械を使ってドライクリーニングします。

手洗いの地点で汚れが浮き上がっていますので、それを落としていく作業でもあります。絹の着物は水で洗うと収縮しますから、この方法が最適です。

手間と時間が掛かりますが、丁寧にゆっくりとクリーニングしていきます。

4. 乾燥

「丸洗い」をした後、専用室で乾燥させていきます。温度設定にも注意を払い、低温でゆっくりと乾燥させるのがコツでもあります。

乾燥させると、型崩れさせないように竿に暫く吊るしておきます。

そうすることで溶剤の匂いも消え、ソフトな仕上がりとなっていきます。

5. 仕上げ

蒸気を当て丁寧にプレスして、皺を伸ばしていきます。蒸気の熱で形を整えていくので、着物に負担は掛かりません。

大体上記のような工程で、着物の「丸洗い」は行われます。

一般のクリーニング店や呉服店でも、着物のクリーニングは受けつけて貰えますが、注意しないといけないのは、一般のお店では着物の知識は余り持っていません。

ですから縮んだり、生地が傷んだりすることもあり得るわけです。

呉服店に出しても、結果専門店に出す形となって仲介料を取られることとなります。

着物のクリーニングを考えた時は、迷わず着物クリーニング専門店を選ぶべきです。

国家資格を持つ熟練の職人が検品し、満足のいく仕上がりが期待できます。

そして嬉しいサービスが、全国対応で宅配業務を行っているお店が多いということです。

着物宅配クリーニング きものtotonoe

きものtotonoeとは?

着物をクリーニングするには、着物クリーニング専門店が最適だというのが分かりましたね。それでは少しお店をリサーチしてみましょう。

家紋高瀬

・サイト⇒http://www.shiminukitakase.com/ 

・対応:全国対応

・料金:8,500円前後~

福岡市にある「家紋高瀬」は、着物のクリーニング以外にも、洗い張りをして仕立て直したり、子供の着物の肩揚げや腰上げにも対応しています。

また着物に特化した加工なども受け付けています。

引き取って、仕上がった後届けてくれるので、手間が掛かりません。

全国対応のお店で、宅配便を利用し代引きで支払うシステムもとっています。

洗いの匠

・サイト⇒https://arai-takumi.com/

・対応:全国対応

・料金:5,000円前後~新潟県に位置する「洗いの匠」は、40年の歴史がある老舗の着物クリーニング店です。

見積無料で、郵送で全国対応となっています。

丸洗いは勿論、着物の加工や修正も行っています。

扇屋

・サイト⇒www.ougiya.tv/

・対応:全国対応

・料金:小紋、訪問着、付け下げは、7,000円~

「扇屋」は創業百余年の着物クリーニング専門店で、振袖や留袖といった格の高い着物のクリーニングを多く手掛けています。

クリーニング以外には、着物全般のお手入れや直しを得意としています。

クリーニング競技会で、染み抜き部門全国1位を2度受賞している経歴もあります。

「1級染色補正技能士」という国家資格取得者が在籍しているのも強みです。

そして最後に、今ネットで注目されている「きものtotonoe」を紹介しますね。

きものtotonoe

・サイト⇒https://kimono-totonoe.jp/lp/

・対応:全国対応

・料金:7,200円~《きものtotonoe》は、全国の呉服屋さんからの着物クリーニングを数多く手掛けてきました。

年間6万点以上の着物をクリーニングしているという実績は、お店独自の特徴があるからでしょう。その特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?

きものtotonoeの特徴とメリット

1. 電話やメールで問い合わせができる

・電話:0120-529-315

・メール:https://kimono-totonoe.jp/script/mailform/otoiawase/

2. 常にクリーニング品質の改善、追及を行う

難しいシミや汚れに挑み、技術力を磨いていきます。

3. 不満がある場合は、無料再仕上げを行う

届いてから1週間以内なら、無料再仕上げができます。

4. 事故、紛失防止の徹底

預かった着物は必ず写真に撮って、トラブルを防ぎます。

5. 顧客の声を常に反映

お客の意見や要望を反映させ、常に改善に繋げています。

6. 賠償対応

トラブルが発生した場合、賠償があります。

※他にも下記のようなメリットがあります。

◇リーズナブルな価格には定評があり、今現在キャンペーン価格でよりお得になっています。

◇着物を洗う溶剤には消臭、除菌効果があるので、肌にも優しく衛生的に仕上がります。

◇30日間の返金保証がついています。

このような多くのメリットを持つ「きものtotonoe」は、常に顧客に満足してもらえる

ように努力し、様々な工夫を随所に凝らしています。

それでは次に、クリーニングで蘇った着物を上手く保管する方法を観ていきましょう。

保管方法も大切です

シミや汚れも取り除き、綺麗になった着物を又着る機会があるでしょう。

着る予定がない場合は保管しておかなければなりませんが、適した保管方法を知りたい

ですよね。

湿気対策

着物は特に湿気を嫌いますので、防湿対策は万全でなければなりません。

昔の家屋は風通しが良かった為、それほど防湿に拘る必要はありませんでした。

けれど昨今は隙間風が入るような家ではなく、密閉された家屋が多くなっています。

ですからどうしても湿気が籠ってしまいますね。

そういう時には、除湿剤や乾燥剤を使って対処しましょう。

防虫対策

防虫対策も必須となりますが、防虫剤を安易に使うと着物を変色させることがあります。

特に金箔などの施し部分には注意が必要です。

昔よく使われていた匂いのきついものは、着物に付いてしまうと取れませんから、無臭

のものがおすすめです。定期的な交換も忘れてはいけません。

和ダンスに入れ、設置場所も考える

昔お嫁入り道具として欠かせなかったのが和ダンスです。

和ダンスなら何でも良いのではなく、桐のたんすが着物には適しています。

桐という素材は、防湿、防虫効果があり、通気性まで兼ね備えています。

桐のタンスをお嫁入り道具にしたのも、その理由からでしょう。

只優れている物は高価であり、中々手が出ないというのも実情で、他の素材のたんすに

桐の板を張り付けて使うという方法もあります。

今の時代は余り家具を置かないスタイルが多いので、そういう場合は保存袋を使用し、

乾燥剤を入れておくと良いでしょう。

それからたんすの設置場所も重要で、水回りが近い場所は湿気が貯まりやすいのでNG

です。直射日光を避けて、風通しの良い部屋に置くようにしましょう。

着物宅配クリーニング きものtotonoe

《きものtotonoe》の料金設定

(お得なキャンペーン実施中 2018年10月1日~10月30日まで)

丸洗いコース<スタンダードコース>

(振袖、訪問着、留袖、色無地、付け下げなど)

◇着物1枚

・通常価格:7,200円⇒超特価:5,480円+税

◇着物2枚

・通常価格:11,400円(着物:7,200円+《長じゅばんor帯: 4,200円》)⇒超特価:9,480円+税

◇着物3枚

・通常価格:15,600円(着物:7,200円+《長じゅばんor帯:4,200円》+《長じゅばんor帯:4,200円》)⇒超特価:12,480円+税

丸洗い+匠診断コース<プレミアムコース>

※シミや汚れ、汗などが心配な人は、このコースがおすすめです。

(振袖、訪問着、留袖、色無地、付け下げなど)

◇着物1枚+匠診断

・通常価格:8, 200円(着物:7,200円+匠診断:1,000円)⇒超特価:6,480円+税

◇着物2枚+匠診断

・通常価格:12,400円(着物:7,200円+《長じゅばんor帯:4,200円》+匠診断:1,000円)⇒超特価:10,480円+税

◇着物3枚+匠診断

・通常価格:16,600円(着物:7,200円+《長じゅばんor帯:4,200円》+《長じゅばんor帯:4,200円》+匠診断:1,000円)⇒超特価:13,480円+税

まとめ

如何でしたか?着物が丸洗いできるなんて画期的ですよね。

以前は食事で汚してしまっても、汚れた部分を濡らした布でたたいたりして、余計にシミになってしまったということもあったでしょう。

汗染みの対処も風に当てることしかできないまま、タンスにしまっていた人も多い筈です。丸洗いをすることで、シミや汚れがすっきり落ち、気持ちよく着ることができます。

《きものtotonoe》のキャンペーン企画を利用すれば、よりリーズナブルに利用できます。この際眠っている着物もクリーニングしてみませんか?

美しく蘇れば、着物でお出かけするのも楽しくなるでしょう。